コンテンツへスキップ

BLOG

なかなかブログというのになれずに、SNSで投稿してしまいがち。

今日は、ここからトトトンと続く展示の情報についてお知らせさせていただきます。

まずは、

10月9~27
愛知県、名古屋市
@納屋橋・高山額縁店、2FギャラリーKomore
http://nayabashi-gakubuchi.jp/
「うたかたの日曜日」
旭丘高校美術科51期生によるグループ展示です。陶芸の小品1点と平面作品2点出展します。
 
10月25~31日
石川県、金沢
@G-WINGS gallery 四緑園
https://www.shiryokuen.com/
「緑凪ぎ、歌う、謡う。」
笠原しい・安井ちさと 二人展
streamのシリーズを中心に展示します。
 
 
11月3~21日
香川県,、綾川町
@monohouse
http://www.monohouse.org/yamanami/
「かがわ山なみ芸術祭」
ー廃校になった小学校の教室でインスタレーション作品を展示します。スタイロフォームともみ殻の灰を使います
 
11月4~25日
石川県、金沢
@金沢アートグミ
http://gallery.artgummi.com/
「金沢アートアートスペースリンク2018」
G-WINGS gallery のブースにて、笠原しい・安井ちさとの作品を展示
stream小作品を何点か。
 
 
 
11月5~12月1日
長野県、軽井沢
@pace around
http://pacearound.com/
「おはいり」
平松宇造・韓美華・安井ちさと×トボ
ー海外のアンティーク、日本の作家の器、衣服の作品など素材にこだわったインテリアショップに隣接する土間ギャラリーでの展示です。
oval、多面体、darkmatterなどのシンプルなかたち中心に出品します。
 
 
 
12月18~24日
茨城県、つくば市
@つくば市美術館
http://www.tsukuba.museum.ibk.ed.jp/
「アートコラボレーションつくば」
ー中山庄太郎さんによって選ばれた、つくばにゆかりのある若手作家(洋画、日本画、彫塑、陶芸、書、計18名)の展示です。
 
1月11日~13日
イギリス、ロンドン
@Melia White House Hotel
https://art-rooms.org/
「Artrooms fair London 2019」
ー国際コンペ、世界各国からおよそ100名の作家が選出されました。
わたしはシングルワークセクションで選出され、作品を一つ展示します。
2015制作の「whale」が海をわたります。
※作品を送るための輸送費を確保するために、作品を購入してくださる方さがしています。興味あるかたDMください!
 
1月19~26日
東京
@東京都美術館
https://www.tobikan.jp/
「クロスカレント 日米作家交流展」
中込靖也さんが日本とアメリカのアーティストの交流の場として展示企画しています。来年アメリカでのクロスカレントも企画されています。
2017の、「Be」「port」「roll」を出展予定です。
 
 
 
 
 
陶磁を媒体とした新作は、金沢と軽井沢のグループ展示で
ミクストメディアによる作品の新作は香川の展示で発表します。
それ以外の展示は過去作を予定しています。たくさんの展示の機会をいただけることに心から感謝しつつ、

益々精進せねばと気合いを入れなおしているところです。

たのしく、精いっぱいがんばります〇

3月2~4日の3日間で、イタリアのアートフェア、”Artrooms Roma”に参加してきました。

わたしにとってこのアートフェアは初めての海外展示でした。フェアはホテルの空間を使って展示をするというもので、「ホテルの部屋」「ホテルの庭園での屋外展示(彫刻)」「ビデオルーム(映像作品)」の3つのセクションから成り立っていました。

わたしは「ホテルの部屋」を選択し、ホテルの一室を一人で使ってインスタレーション作品を展示しました。

ちなみに、このフェアへの応募は500名以上あったそうです。その中から総勢75名のアーティストが選ばれました。また、その中で日本人は私だけでした。本当に光栄な機会に恵まれたと、今でも感謝の気持ちが止むことはありません。

わたしを選出してくれた審査員の方がた、そして応募から展示、フェア後のいろいろな手続き(フェア後のいろいろについてはまた別の機会に書きたいと思います。)までとても丁寧で温かい対応をしてくれているアートルームのチームスタッフ、イタリアに行くに際し渡航費支援のための個展を企画してくれた秀友画廊の浅野恵巳さん、作品を購入し、支援してくれたみなさん、また足りない分の資金を援助してくれた翔太君(旦那さん)の両親、私の両親、フェイスブックやインスタグラムを通して声援を送ってくれた友達、

そして、わたしが初の海外展示のプレッシャーで押しつぶされてだめになりそうな時、ずっと傍で私を支えてくれた、わたしの愛する家族。

とくに翔太君(旦那さん)は、イタリア行きに際する事務的なこと全般の業務をこなし、イタリアまで私と一緒に渡航し、フェア中はアテンドのフォローもしてくれました。彼なしには今回の展示は成功しなかったと思います。

みなさんの優しさ、大きな愛に心から感謝しています。

 

ところで、もう5月に入ろうというのに、実はまだ、あれがなんだったのか、はっきりと言葉にならないのです。

 

これから少しづつ、日々の制作や暮らしと照らし合わせながら、自分がイタリアで経験し消化したことを言葉に置き換えていきたいと思います。

まずは、改めてわたしを支えてくれている全ての人に改めて感謝の気持ちを伝えたい。

私にとっての人生で初めてのブログ投稿は、ひとまずこれで。

 

続きは次回。