コンテンツへスキップ

STATEMENT

 The subject of my creation is unseen changes of my feelings.
Heart seems to be chaotic, but I feel it is very rational and clever and that it has a simple
and beautiful structure, as like the nature.

 I feel sympathy for natural phenomenon, for example, when I see clouds which floating
and continuing to change its shape in the sky, traces of the wind which blowing in the rice
fields, bonfire which swaying in the dark of the night…
My intuition whispers that it has the property of being analogous to something, which is
flowing in me without a pause, like as a stream.

 In the ceramic process, we find out shapes through the changes of the material, from
clay to ceramics. To me, the process is like a "mathematical formula".
I hope I will find out a principal which always exists in common in both we-human and
nature while I am trying to capture my changing feelings with ceramics.

私の制作の主題は、目に見えない感情の変化です。
こころというものは、無秩序で混沌としたものと思われがちですが、実は合理的で、とて
も賢く、自然のようにシンプル且つ美しい構造をもっているとわたしは感じています。

例えば、絶えず形を変えながら空を流れる雲、田んぼを渡る風の痕、夜の暗闇にたき火の
炎が揺れる様
そういった自然の現象にわたしは共感を抱きます。
そして私の直感は、自分の中で小川のように留まることなく流動しているナニカとその現
象は、相似する特性を持っているのだとささやくのです。

陶磁のプロセスでは、土から陶へという素材の変化を通してかたちを見出していきます。
そのプロセスというのは、私にとっては言わば「数学の公式」のようなものです。
私の変化する感情を陶磁で表現しようとする過程で、私たち人間と自然のどちらにも常に
共通して存在する原理が見つかることを、私は願っています。